10代


基礎疾患(きそしっかん、Underlying disease)とは慢性を含む疾病、肥満状態等で健康な人よりコロナウイルス等の感染症等罹患時に致死率が高くなる疾患。罹患者は生活習慣が原因である場合が多いため、生活習慣病も含む。 呼吸器病 心臓病(高血圧も含む) 腎臓病 肝臓病(肝硬変等) インスリンや飲み薬等で治療中の糖尿病
2キロバイト (335 語) - 2021年9月11日 (土) 04:00



(出典 www.asahicom.jp)


コロナがなかったらと思うと辛いですね‥( ; ; )

1 どどん ★ :2021/09/22(水) 17:33:53.34

神奈川・横浜市は、10代の女性が新型コロナウイルスのため、死亡したと発表しました。

横浜市によりますと、亡くなったのは市内に住む10代の女性です。肺に基礎疾患があり呼吸の状態が悪化したため、先月20日、病院に入院したところ、PCR検査の結果、陽性が判明しました。その後、徐々に状態が悪化し、先週18日に死亡したということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd2935467c9e746707bf8a0ab4b2918769c4059e


【【基礎疾患あり】10代女性、コロナで死亡】の続きを読む


ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式・製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。
310キロバイト (36,880 語) - 2021年9月1日 (水) 08:44



(出典 www.asahicom.jp)


うーん、これは難しい問題ですね。
保護者の同意が必要なら、親に従うしかないでしょうし💦

1 影のたけし軍団 ★ :2021/09/04(土) 14:58:28.88

10代の若者に新型コロナウイルスのワクチンを投与するかどうか、世界各地で議論が続いている。

アメリカやフランス、オーストラリア、日本などでは、12歳以上の未成年も接種対象となっている。
一方イギリスでは3日、ワクチン専門家が12~15歳への接種を推奨しないと発表。政府の対応に注目が集まっている。

アメリカで発足した「ティーンズ・フォー・ワクチン(ワクチンを支持する10代)」は、
10代のために新型ウイルスやワクチンの情報を提供。反ワクチン派の両親との対話の手助けも行っている。

同グループを運営する10代の若者は、未成年が自分たちの健康にまつわる議論から除外されていると指摘した。

BBCのローラ・フォスター記者が、両親にワクチン接種を止められている10代に話を聞くとともに、
「ティーンズ・フォー・ワクチン」の活動について取材した。
https://www.bbc.com/japanese/video-58445357

10代にも倦怠感や胸の痛み……長期的なコロナの症状
https://www.bbc.com/japanese/video-57661381

「1日に2時間45分しか動けない」 長期化するコロナ症状に悩む若者
https://www.bbc.com/japanese/video-56585942

「髪をと*のも一苦労」 長期的なコロナ症状、若者にも
https://www.bbc.com/japanese/video-58312975


【【未成年のワクチン】打ちたくても打てない、両親が反ワクの子どもたち】の続きを読む


美容外科は呼称として「整容外科」、「形成美容外科」、「美容整形外科」とも言われる。これはまたこの分野の施術は、一般には「整形手術」、「美容形成手術」、「美容整形手術」などと言われることが多いが、これは法律的な根拠のない俗称であり、正しくは「美容外科手術」と呼ぶべきものである。なお「整形」という言葉から誤解を受けがちであるが、整形
21キロバイト (3,373 語) - 2021年6月13日 (日) 09:40



(出典 d1d37e9z843vy6.cloudfront.net)


整形を否定するつもりはないですが、小学生とかはさすがに早すぎませんか?💦

1 スダレハゲ ★ :2021/08/11(水) 18:13:25.01

https://news.yahoo.co.jp/articles/3d0a8d9ad34c29fd7a2e546794f7b53232662ffc

10代女子がやってみたい美容整形トップ10

1 二重埋没法
2 涙袋へのヒアルロン酸注射、目頭切開


(出典 jprime.ismcdn.jp)



子どもたちの間でいま、美容整形に熱い視線が注がれている。
美容外科の『東京イセアクリニック』が小中学生女子200名を対象にした調査で、小学生の7割、中学生の4割が「将来、整形したい」と回答。
16~19歳のハイティーン122名を対象にした別の調査では、実に91・8%が「美容整形したい」と回答している。

10代の患者は5年間で約38・5倍に
実際に同クリニックでは、二重にするなど目元の整形をした10代の患者数は、2015年から’20年の間に約38・5倍も増えたというから驚かされる。

「僕が美容外科医を始めたころは、中学生の患者なんて、まず来ませんでした。ところが最近はちょくちょくやって来るように。実数としてそれほど多くないとはいえ、今では患者の1割程度を10代が占めています。夏休みや学年のかわり目は特に多いです」

こう語るのは業界最大手のひとつ、『共立美容外科・歯科』で副総括院長と渋谷院院長を兼任する磯野智崇医師だ。

10代に対して行われる手術は、まぶたを糸で留めて二重にする埋没法の二重術がほとんど。
このほか、ヒアルロン酸を注入して鼻を高くする隆鼻術など、いわゆる「プチ整形」が人気を集める。
リストカットの傷痕を目立たなくするために来院するケースもまれにあるという。

都内在住の入江千佳さん(40代=仮名)は一昨年の春、「高校入学祝い」のため、長女に整形手術を受けさせたひとりだ。

「以前から“第1志望の高校に合格できたら、二重に整形させてほしい”と言われていたんです。中学時代の娘は毎朝、学校へ行く前に『アイプチ』で二重にするのが日課になっていました。でも、体育などで汗をかいたら(二重になるよう、のりで癖をつけた部分が)取れるし、学校でやり直すのも面倒だと」

15歳で整形は早すぎる。そう反対したが、ぱっちりとした二重まぶたの次女と比べてコンプレックスを抱いている長女がふびんでもあり、根負けする形で承諾した。

「整形費用は長女が自分で貯めたお小遣いと、足りない分は私が負担しました。二重になって、本人は“アプリで盛った(加工した)顔に近づけた”と喜んでいます。夫はいまだに気づいていませんが(苦笑)」(入江さん)

子どもが強く言うのを、親は渋々許可する
入江さんの長女のように、のりやアイテープによって目元を二重にしている女子中高生は珍しくない。
なかには、二重づくりに時間がかかって学校に遅刻したり、まぶたのかぶれなど皮膚トラブルを起こすこともある。
前出の磯野医師によれば、そうした子どもの様子を見た親は「整形をさせたほうがマシかも」と考え、仕方なく美容外科を訪れるケースが多いという。

「未成年の場合、手術には親権者の同意書が必要になります。そのため大抵はお母さんと一緒に来院されますね。どの親御さんも子どもが強く言うので、渋々許可するといった感じです。診察中も、あれもこれもやりたいと言いだす子どもに対し“(手術は)目元だけにしておきなさい!”“二重の幅が広すぎる!”と注意するなど、どうにかして自然な感じにとどめようとする場合がほとんどです」(磯野医師、以下同)

時には子ども以上に、親のほうが整形に積極的なケースもある。

「お子さんが小学生であるとか、まだ小さい子どもを持つ親御さんに多いですね。“細い目だと学校でいじめられるのでは?”“一重では将来かわいそう”などと、先々のことを心配して来院されるわけです。お子さんが本当に望んでいるならいいのですが、あまりに若いと本人の意思を確認するのも難しい。“私は怖くて(手術が)嫌だけど、ママが喜ぶからやる”という可能性もありえますから」


【小・中学生の美容整形が急増!!一重だといじめられる?】の続きを読む

このページのトップヘ