(出典 mpreview.aflo.com)


法律で決まっているわけではないかもしれませんが、お店のルールとして決まっているなら守らないといけないのでは‥?
緊急事態宣言が明けたからと言ってマスクしなくて良いわけじゃないですからね。

1 七波羅探題 ★ :2021/10/05(火) 06:32:37.44

J-CASTニュース 2021年10月04日20時53分
https://www.j-cast.com/2021/10/04421755.html
ノーマスク客がスーパーで大騒ぎ 「本当に迷惑」店が被害訴え...何があった?一部始終を支配人に聞いた


輸入食材などを扱う東京・南麻布のスーパー「ナショナル麻布」が、都の緊急事態宣言が終わった後に、ノーマスクで来店する客がいたとして、「迷惑なので止めてほしい」とツイッターで訴えている。

「緊急事態宣言が解除されたとはいえ、コロナとの戦いはまだ終わっていないのに」。同店は2021年10月4日、こう嘆いて、ノーマスク客との一部始終を報告した。

■「2回もコロナにかかったが、人にはうつしていない」
ツイートによると、この客は、スタッフの制止を振り切って入店したという。

同店では、マスクをしていない人などは入れないと、英語と日本語で入口に立て看板を出している。うっかり忘れた人のために、マスクは入口で無料配布しているそうだ。

ところが、この客は、マスクを渡そうと店員が説得を試みたものの、受け取りを拒否し、コロナについて理解不能な自論を大声で話すだけでどうにもならなかったそうだ。

警察に通報することも考えたが、何とか説得して帰ってもらったという。ただ、こうした行為については、「本当に迷惑なのでやめて欲しい!!」と訴えている。

マスク着用については、「早くこんなマスク生活やめられるように皆で頑張れれば」としたうえで、「やめられるなら我々もこんなことはしたくありません」と漏らしていた。

同店の支配人は4日、J-CASTニュースの取材に対し、当時の状況をこう説明した。

「この方は、今朝店に来られて、店の係が入口で手の消毒やマスク着用を呼びかけましたが、その制止を振り切って店内に入りました。係からのSOSを受けて、店員がマスクを持って行って着用をお願いしましたが、『マスクは意味がない』と言って着けようとはしませんでした」

  この客は、「何千人の感染者が出ても、今は減ってきている。マスクがすべてではない。俺は、2回もコロナにかかったが、人にはうつしていない。マスクをしていれば鼻出しになることもあるし、感染を防ぐには、スキューバダイビングのマスクをしないといけないことになる」といった内容を話していたという。

■「ネットで買い物をすればいいと思うんですが...」
これに対し、店側は、他の客の迷惑にもなるとして、「出て行って下さい」と退店を促した。この客は、「買うものがあるから」と言って、店の商品を買った後に出て行ったそうだ。

自論の内容からコロナに関する陰謀論を信じているようなタイプだったといい、この客が来てから出て行くまで、5分ぐらい店側とのやり取りがあったとしている。

「マスク着用をお願いすると、入口で捨て台詞を言って帰る方など過去にもいました。大声でまくしたて、店内に入ってきたケースも2、3回ありましたが、ここまで強硬な方はまれですね。あんまり酷いようですと、警察を呼ぶことも頭をよぎりましたが、警察も忙しいです*。人に迷惑がかかるので、ネットで買い物をすればいいと思うんですが...」

 今回の件についての同店の投稿は、1000件以上リツイートされるなど反響を呼んでいる。

客の主張に同調するような人たちからの異議も来ていたが、店の訴えに同情する声は多い。「出向く場所でのルールは守らないといけない」「店側にも客を選ぶ権利はあります」「企業としてここまでハッキリ言えるのは素晴らしい」といったものだ。

同店も、こうした励ましの声に対し、ツイッターでお礼を述べたうえで、「一日でも早くコロナとの戦いに打ち勝てるよう皆で一緒に乗り切りましょう!」と呼びかけていた。

ナショナル麻布は、ナショナル物産が1962年に日本に住む大使館員や外国人ビジネスマンのためにオープンさせた。後に、東北新社のグループ会社になり、都内で本店の同店を含めてスーパー3店を展開している。

(J-CASTニュース編集部 野口博之


【【ノーマスク】店側は大迷惑!!本当にやめて!客がスーパーで大騒ぎ】の続きを読む


クレーム (カスタマーハラスメントからのリダイレクト)
2015年7月9日閲覧。 ^ お客様は神様?カスタマーハラスメント産業保険新聞 2014年7月4日 ^ 飲食店の「カスハラ」傾向と対策。悪質クレーマーからスタッフを守るには? Foodist 2019年1月18日 ^ 2018年2月21日 第8回「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」議事録厚生労働省
38キロバイト (5,641 語) - 2021年9月16日 (木) 12:35



(出典 limo.ismcdn.jp)


態度の悪い客ってどこにでもいますが、正直文句言いたくなる様な店員がいるのも確かですよね💧

1 生玉子 ★ :2021/09/20(月) 15:08:39.55

「金払ったら客だろうが、コラ、オイ」。深夜の店内に響く怒鳴り声。今年5月、都内の弁当店「キッチンDIVE」(亀戸)で酔った男性二人組と店員とのトラブルが起きた。店内ライブカメラには、客の片方が店員に向かって小銭を投げつけるシーンなどが映っており、テレビやSNSを中心に話題になった。

報道に対し、多くは店員に同情的だったが、客に反論するなどしてさらに怒りを買ってしまった店員の対応を疑問視する声も一部では見られた。

昨今、客からの暴言や暴行などのカスタマーハラスメント(カスハラ)が問題視されている。労働組合などからは、労働者が被害にあっても使用者側が対策に及び腰であるという報告もされている。

店やスタッフは客に対してどうあるべきなのだろうか。経営者はスタッフと客との間でどういうスタンスを取るべきなのか。キッチンDIVE店主の伊藤慶さんの考えを聞いた。

●話題になったがために誹謗中傷も

――報道にはかなり反響があったと思いますが…

テレビだけでも数十件の取材があったので、目にした人が凄く多かったと思うんですよ。それだけの人目に触れると、いろんな意見も出てきます。

大多数は小銭を投げつけるなんてひどいねで終わりだと思うんですよ。でも、数は少ないんですけど、いつまでもうちの粗探しをしていた人もいました。

中にはうちが「賞味期限切れの食材を使っている」と書き込んだり、「違法な営業をしている」といった話を行政やマスコミに持ち込んだりする人もいます。全部ウソですよ。

自分は20年ぐらい飲食関係の仕事をしていますし、ここ数年はツイッターやYouTubeでも発信しているので耐性がありますが、普通の人だったら大変だろうなと思いました。

――何か対策はとるんでしょうか?

こちらはSNSなどで事実関係を発信していますし、ほとんどの人はそれで納得してくれます。それよりも匿名の書き込みを信用するというのなら、そういう人はトラブルのもとなので、うちには来てもらわなくて良いと思っています。

ただ、いつまでも誹謗中傷が続くようなら対応を検討せざるを得ません。過去に警察や弁護士に相談して、ひどい書き込みをしていた人に謝罪文を書かせたことがあります。数回ぐらいの書き込みでは現実的には対応が難しい面もありますが、場合によっては今後も厳しく対応したいと考えています。

中略

●客は「神様」じゃなくて「パートナー」

――「お客様は神様」という文化に問題があると指摘されることもあります

三波春夫さんの発言が誤解されているんですよね。元々は神に捧げるような気持ちでないと良い芸はできないという趣旨だったはずです。さすがに神に捧げるような気持ちで弁当は作らないでしょう。

仮にお金を払えば神様なのだとしたら、僕たちが気持ちよく働けるお客様なら神様と言っても良いのかもしれません。でも、態度が悪いお客様はお金を払っていても貧乏神です。

クレーム対応は時間をとられます。場合によっては数日になる。でも、うちの店ではお客さんの買い物は2分で終わります。スタッフに辞められたら採用コストも凄く高いんです。

たしかに我々商売人はお客さんが払ってくれたお金で生活の糧を得ています。でも、お客さんだってそれぞれの店のサービスに生活を支えられている。そういう意味では「パートナー」と言えるんじゃないでしょうか。店を愛してくれる「パートナー」を増やしていきたいですね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1f392d372844c1183996abac7166783e303ff03b


【【弁当屋事件】態度が悪い客はお金払っていても貧乏神】の続きを読む

このページのトップヘ