子ども



(出典 epark.jp)


こんな小さな子どもにそんな事出来る神経が信じられません‥。

1 Egg ★ :2021/09/22(水) 19:54:59.53

今年8月に大阪府摂津市のマンションで当時3歳の男児に熱湯をかけるなどして殺害したとして、9月22日に20代の男を逮捕しました。

 殺人の疑いで逮捕されたのは、大阪府羽曳野市に住む無職・松原拓海容疑者(23)です。警察によりますと、松原容疑者は8月31日の午後、摂津市内のマンションで3歳の男の子に対して全身に高温の湯を浴びせるなどの暴行をくわえて、殺害した疑いがもたれています。

9/22(水) 19:35 MBSニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/71e9c12e1eefe3ff043527776003a807030a888c

写真

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
?w=640&h=360&q=90&exp=10800&pri=l


【【虐待】3歳男児に熱湯をかけ死亡させた母親の彼氏を逮捕】の続きを読む


ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式・製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。
313キロバイト (37,473 語) - 2021年9月19日 (日) 20:19



(出典 tk.ismcdn.jp)


大人はともかく、やはり子供に打つのはまだ怖いと思ってるしまいます‥💦

1 BFU ★ :2021/09/21(火) 09:27:49.68

https://news.yahoo.co.jp/articles/225ef3610768564105ad8d2fe69172fbcb070547

新型コロナウイルスのワクチンについて、米製薬大手ファイザーと、共同開発した独バイオ企業ビオンテックは20日、5~11歳でも安全性と効果を示すデータが確認できたとする新たな臨床試験の結果を発表した。近く米食品医薬品局(FDA)や各国の規制当局にこのデータを提出するという。


 発表によると、臨床試験には5~11歳の2268人が参加。大人が接種する量の3分の1の量を2回、3週間あけて接種したところ、16~25歳の臨床試験結果と同程度に、ウイルス感染を防ぐ抗体ができることが確認できたという。

 副反応についても、16~25歳と同程度で、深刻なものはなかったという。ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は「学校に通う年齢の子どもたちのデータを冬が始まる前に提出できたのはよかった。5~11歳は少ない接種量だったが、安全性や免疫反応を引き起こす性質は、より多い接種量だったそれ以上の年齢の人たちと一致していた」としている。

 2社は、生後6カ月~2歳、2~5歳についてもそれぞれ近く臨床試験の結果を出す予定としている。


【【新型コロナワクチン】5~11歳にも効果がある事か判明】の続きを読む



(出典 www.best-sumai.com)


こういう子どもが犠牲になる事故は本当に痛ましいですね‥。
状況はわかりませんが、歩行者や自転車も細心の注意を払わないと怖い世の中ですよね。

1 水星虫 ★ :2021/09/06(月) 07:11:34.59

自転車の小1女児はねられ重体 車運転の会社員を逮捕

http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/20210906/2000050952.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

5日、神戸市の住宅街にある信号機のない市道の交差点で、
自転車で横断歩道を渡っていた7歳の女の子が軽自動車にはねられ、意識不明の重体となっています。

5日午後7時前、神戸市垂水区舞多聞西の市道の交差点で、直進していた軽自動車が、
横断歩道を自転車で渡っていた小学1年の7歳の女の子をはねました。
女の子は病院に運ばれましたが、頭を強く打つなどしていて、意識不明の重体だということです。

警察によりますと女の子は帰宅途中で、友だちと一緒に自転車で横断歩道を渡ろうとしたところ、
出会い頭で車にはねられたということです。
現場は住宅街の中にある、見通しがよく信号機のない市道の交差点です。

警察は、「自転車に気づくのが遅れた」と話した近くに住む会社員、神足晴人容疑者(20歳)を、
過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、詳しい事故の原因を調べています。

09/06 06:00


【【子ども】自転車で帰宅途中の7歳女児、車に撥ねられ意識不明】の続きを読む


子育て(こそだて)とは、子を育てることである。 人間の発達過程は、一般的に、乳児期、幼児期、児童期(学童期)、青年期(青少年期)、壮年期、中年期、老年期に区分される。 子育ては乳児期から青年期の子を対象とする。これに対して、「育児」という場合、(基本的には)主として乳幼児を育て
19キロバイト (2,682 語) - 2021年3月18日 (木) 21:26



(出典 job.atimes.co.jp)


確かに迷惑をかけずに生きていくのは無理だとは思いますが、これは意味を履き違えるとまたその意味合いが変わってきちゃいそうですね。

1 haru ★ :2021/08/24(火) 07:55:40.82

親が「やりたいことを自分で選び、主体的に生きる子」を育てようと思う一方で、親自身の態度や子どもにかける言葉が主体性を奪うものになっていることはよくあるといいます。

親の過干渉が子どもの主体性を妨げる、といわれます。過干渉とは、たとえば子どもが「カルピスちょうだい」と言ってきたところに 「甘い飲み物は禁止。水を飲みなさい」 という対応のこと。
さらに、そこで「やだ、カルピスがいい」とだだをこねたら 「ダメと言ったらダメ。言うことを聞きなさい」 というパターンも。

これが過干渉だからダメ、ということになると、「はいはい、カルピスね」とカルピスをあげるのが親として正しい対応なのでしょうか。実はそれも違うようです。
ここで望ましいのは、親が 「喉が渇いたの?」「つまらなかった?」 と子どもの要求に対して質問で返して、子どもが本当に言いたいことを探ることなのだそう。

「カルピスちょうだい」という言葉にはなっていても、子どもは単に喉が渇いたのかもしれませんし、ただ親の関心を引きたいだけかもしれません。
だからこそ、質問を投げかけることで本当の要求について意思表示させることが大切なのです。


ほとんどの親は我が子にこのワードを言っているはず。「好きなことをやりなさい。でも人に迷惑をかけることはダメだよ」 という具合です。
実はこれは親が最初にやめたい声がけなのだそう。その理由はシンプル。
「誰にも迷惑をかけずに生きている人」など、この世に誰もいないからです。

実際、「迷惑をかけるな」と教える国は日本くらいなのだとか。

生きていれば誰でも失敗をしますし、誰かに迷惑をかけます。それをフォローしあって生きるのが社会というもの。
そうであるなら、「人に迷惑をかけるな」と教えるよりも「迷惑はお互い様。だから困った人がいたら助けよう」と教える方が健全です。
「人に迷惑をかけるな」の最大のデメリットは苦しい時に人に助けを求められなくなってしまうことです。また失敗を恐れたりすることにもつながります。

迷惑は誰でもかけるもの。だから他者に寛容であろうとする子育ての方が前向きと言えるかもしれません。

(出典 biz-journal.jp)


【子供に言ってはダメ?「人に迷惑をかけるな」の弊害とは‥】の続きを読む



(出典 www.zurich.co.jp)


エンジンもエアコンも付いてたらしいですが、こうゆう事件を聞くと一瞬でも子どもをしゃなちに置いていくの怖いですね‥。

1 水星虫 ★ :2021/08/01(日) 20:48:05.35

駐車場で車火災1歳男児意識不明の重体

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukuoka/20210801/5010012648.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

きょう正午前、福岡県久留米市のスーパーの駐車場で乗用車が燃える火事があり、
車内にいた1歳の男の子が救出されましたが意識不明の重体になっています。
また母親も男の子を助け出す際にやけどをしていて警察が火が出た原因や当時の状況を調べています。

きょう午前11時50分ごろ久留米市三潴町にあるスーパーの駐車場で
乗用車から火が出ていると通報がありました。
消防車4台が出て火は50分ほどで消し止められましたが
火元とみられる乗用車が全焼、隣に止まっていた車も半焼しました。

警察によりますと火元とみられる乗用車には1歳と4歳の兄弟が乗っていて
4歳の男の子は車の外に出て無事でしたが、1歳の男の子は意識不明の重体になっています。
また母親も男の子を助け出す際にうでにやけどをしました。

警察によりますと火が出た時、母親は離れた場所にいて車に戻り、
近くにいた人と一緒に後部座席のチャイルドシートに座っていた1歳の子どもの救出にあたったということです。
母親の話などから乗用車はエンジンをかけてエアコンをつけた状態だったということで、
警察は、火が出た原因や当時の詳しい状況を調べています。

08/01 19:14


【スーパーの駐車場で子どもが乗った車が燃える 1才児が意識不明の重体】の続きを読む

このページのトップヘ