女性



(出典 tk.ismcdn.jp)


結婚出来ない人も確かにいるとは思いますが、結婚しない人もいるので押しつけは本当辞めてほしいですよね!

1 七波羅探題 ★ :2021/11/23(火) 10:11:41.32

PRESIDENT Online11/21 9:00
https://president.jp/articles/-/52004

■「結婚『できない』人」という言葉
ネット記事や雑誌の特集などで「結婚できない人の特徴○パターン」のようなタイトルを見るたび、最近では「まだこういう価値観が世間に通じる段階なんだな」と小さく絶望するのをくり返している。

男性の知人から「お前が30歳になって独身だったら指さして笑ってやるよ」と言われたときから10年がたち、私は30歳になった。もちろんその間に結婚した友人はたくさんいて、新しい家族が誕生した人も、けんかしつつも夫婦であり続けている人、離婚した人、みんな多種多様な生き方をしている。

独身のままでいる友人の中にも、いろいろな考えの持ち主がいる。「恋人はいるけれど、お互い特に結婚を考えていない」「誰かと一緒に過ごすより一人の方が向いているので特定の相手を作らない」「いつかは結婚も考えようと思うが、今は一人がいい」など、それぞれが自分の人生をしっかりと考えた上で、選んだ道を歩いている。

にもかかわらず、世間ではまだ「結婚していない人」より「結婚している人」を持ち上げる風潮があって、冒頭に書いたように「結婚『できない』人の特徴」なんて、まるで「結婚していないこと」を本人が望んでいないかのように、ましてや彼ら彼女らが結婚を焦っているかのような言葉を使って書かれてしまうことに違和感を覚える。ドラマやバラエティー番組だけでなく現実世界でも、独身の人に対して「だから結婚できないんだよ~」と揶揄(やゆ)したり、まるでそれが弱点かのように指摘したりする場面を見ることもある。

■「結婚したら幸せになれるよ」
「この間、仕事関連の知り合いで40代半ばの男性から『○○さんも結婚したら幸せになれるよ』ってアドバイスされたんです、すっごいモヤモヤしちゃって」

そう憤る知人女性のエピソードが最悪すぎて、つい苦虫をかみつぶしたような顔をしてしまった。その知人は20代後半の女性で、小学生の頃から母親の再婚相手から虐待をされて育った過去がある。話の流れからその生い立ちを男性に話したところ、酒を片手に「大変だったね。でも、女性は結婚したら幸せになれるよ」と諭されたのだという。

彼女は虐待を受けた経験によって「男性と一緒に暮らすこと」について、学生時代から大きな不安を抱えていた。そのため、将来は経済的に自立できるよう勉学に励み、今は自分一人で生きていくのに十分な収入を得ていて、自分の人生やキャリアに満足している。にもかかわらず、「結婚をしなければ幸せではない」といったレッテルを貼られ、その俗っぽい物差しで勝手に人生の満足度を測られたことに、怒りを感じたのだ。

■専門家ですら結婚を押し付けてくる
彼女がこのような発言によって傷付けられたのは、これが初めてのことではない。就職と同時に実家から逃げて一人暮らしを始めた頃、フラッシュバックによって気分が落ち込みがちになったときに通った精神科でも、似たようなことが起きた。50代半ばの男性カウンセラーから、突然脈絡もなく「もっと明るく振る舞えば彼氏ができるよ」と言われ、母親の再婚がきっかけで虐待を受けた過去のことも知っているはずなのに、まるで「結婚をすれば全て解決する」かのようなアドバイスまでされてしまったという。

彼女は「当時、結婚は考えてませんでしたけど彼氏いたんですよ。なぜか彼氏がいないと決めつけられちゃったみたいで、二重に失礼ですよね」と苦笑したあと、「専門家ですらそんな認識なのかって思うと、もうカウンセリングにお金を払って通うのも嫌になって」と小さくこぼした。

■「結婚は人生におけるゴール」だという刷り込み
私自身、世間一般に「ゴールイン」という言葉があるように、結婚がまるで人生のゴールのように扱われていたり、あるいはチェックポイントかのように考えられていたりすることについて、疑問に思うことが多い。

「結婚できなければ幸せになれない」という刷り込みは私たちが生きている社会の非常に根深いところで行われていて、「結婚」のあとには「出産」、そのあとには「マイホーム購入」が、誰しも通らねばならない通過地点として考えられている文化圏も存在する。しかしながらそうした価値観は現代の日本にはそぐわないものであり、今に至っては、家父長制の中で女性が家に閉じ込められていた時代の負の遺産そのものだと思っている。

(以下リンク先で)


【【社会】女性の独身はさびしくて不幸なの??】の続きを読む


Uber Eats (ウーバーイーツからのリダイレクト)
Uber Eats (ウーバーイーツ)は、 Uberが2014年に立ち上げたアメリカのオンラインフード注文・配達プラットフォームで、カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置く。 2016年には、日本でもサービスが開始された。 ウェブブラウザや、iOSおよびAndroidに対応のモバイルアプリケー
29キロバイト (3,570 語) - 2021年10月27日 (水) 04:13



(出典 tk.ismcdn.jp)


普通に怖い!

1 haru ★ :2021/10/29(金) 12:21:39.70

女性の自宅に届いた一通の“ラブレター”。
ウーバーイーツの配達員が、仕事で知りえた情報を利用して投函したもので、女性が恐怖を訴えました。

■住人女性恐怖「一緒に食事を…」

 ツイッターに「戦慄しますよね」と投稿した女性。恐怖は、1通の手紙から始まりました。

 「もしよかったら一緒に食事に行ったり、Uber通さずに配達をしますよ。連絡待ってます」

 この手紙の差出人は…。
 
 「Uber配達員やってる人からのお手紙です」

 なんと、ウーバーイーツの男性配達員から手紙が届いたというのです。

 ウーバーイーツは、携帯電話などから料理の注文をすると、配達員が自転車やバイクなどで自宅まで届けてくれるサービス。

 今月16日にウーバーイーツを利用したという女性。5日後、ポストに手紙が入っていることに気付きました。

 そこに書かれていたのは…。

 「この前、Uberの配達をして顔を合わした程度だけど、気になったのでお声掛けしますね。
特徴としては、マクドからの配達で気軽に話し掛けて、消毒こまめにやってた配達員を覚えてくれてたら自分です」

 さらに、男性のLINEのIDまで記されていました。番組が、手紙を受け取った女性に話を聞くと…。

 手紙を受け取った女性:
「怖かったです。びっくりしました。住所も知られちゃっている人から、こんな形で手紙来て、うわぁってなっちゃいましたね」

■同業者「やってはいけないこと」

 出前の配達員から突然、ラブレターが届いたら、どう思うのか?

 街の人に聞いてみると…。

 20代会社員:「へー!こわ!怖いね。置き配のほうが良いね」

 大学生(10代):
「自分は名前しか知らないのに、相手は名前も知っているし、住所も知っているし、怖いなっていうのがありますね」

 同業者からも、批判の声が上がっています。

 ウーバー配達員(20代):
「規約に書いてますよ。客とのやり取りのなかでそういうことはしちゃいけませんというのは。完全にやってはいけないこと」

■女性困惑「家に来たら怖い」

 配達員が仕事で知りえた情報を利用して投函したラブレター。
被害を受けた女性が、ウーバーイーツ側に抗議すると…。

 ウーバーイーツ:「不愉快な思いをお掛けしたことを深くお詫びします」

 番組では、手紙を投函した男性に取材を申し込もうと、配達員の手紙に記載されたLINEのIDを入力しましたが、ユーザーは存在しないと表示されました。

 女性は、たまたま引っ越す予定があり、すでに新居への引っ越しを終えたといいますが…。

 手紙を受け取った女性:「いや、寝られなかったんですよ。手紙もらった後の夜。鍵は閉めたんですけど。
逆上して家に来るんじゃないですかというのが結構ちらほらあって。来たら怖いなって思ってます。(今も)怖いです、結構」

■ウーバーイーツ側の対応は…

 ウーバーイーツ側の対応は、どうなっているのでしょうか?

 まず、ウーバーイーツと配達員との関係について押さえておきます。
ウーバーイーツの配達員は従業員ではなく、個人事業主という立場で契約しています。

 ウーバーイーツとしては登録をする際、配達員に対しては「18歳以上誰でも登録可」「スマホで申し込み可」「面接なし」と、手軽に契約を結んでいるとも言えます。

 ウーバーイーツは配達員に対してガイドラインを設けていて、そのなかで「ユーザーへの不必要な接触」を禁止にしています。

 もし、違反行為が分かった場合には、「配達員資格の一時停止」や「契約解除」などが検討されるということです。

 今回の件について、ウーバーイーツ側の対応は…。

 番組の取材に対しては、「個別の事案に関しては、お答えしておりません」と回答。

 取材をした女性について聞きますと、ウーバーイーツ側は「本件について重要性を鑑み、適切な対応をさせて頂きます」と、女性に答えていました。


10/26(火) 13:20
https://news.yahoo.co.jp/articles/007be6a40e1994a70b4dff2569a7483a6a2d0c53


【【恐怖】配達員からラブレターをもらった女性の結末】の続きを読む



(出典 contents.trafficnews.jp)


本当に最近多いですね‥💦

1 ネトウヨ ★ :2021/10/17(日) 17:46:04.75

17日午後3時10分ごろ、大阪府枚方市牧野本町の路上で、「女性が腹に包丁が刺さり、倒れている」と通行人から119番があった。枚方寝屋川消防本部や大阪府警枚方署によると、女性は50~60歳ぐらいで、救急搬送時に意識はあったという。枚方署が詳しい状況を調べている。

https://www.sankei.com/article/20211017-WMDFM4NDMNOJ7FV3TG3V26DHHQ/?outputType=amp


【【大阪】女性が腹に包丁で刺されたまま路上で倒れている】の続きを読む



(出典 kankomaru.com)


男女問わずたまに面倒臭いお客さんいますが、はははっ!って愛想笑いだけでいつも返してました 笑

1 七波羅探題 ★ :2021/10/16(土) 07:37:44.04

女性自身10/16 06:00
https://jisin.jp/life/living/2026021/

《ラーメン評論家の入店お断りします ラーメン評論家の方々とお会いしてきましたが、8割が私へマウンティングか言葉のセクハラが酷い人ばかりでした それもあり避けたら裏で中傷される始末 うちにはマイナスしかなかったです》

こうツイートしたのは、かつて『バイトAKB』として活動していた梅澤愛優香さん(24)だ。元アイドルで、現在は3つのラーメン店を経営する梅澤さん。9月24日にTwitterでラーメン評論家からのマウントやセクハラを告発した。

ひどい言動に悩まされた末に、「ラーメン評論家の入店禁止」を決意――。Twitterには梅澤さんを気遣う声が。さらに、こんな“体験談“も相次いでいる。

《若くて可愛い女性はセクハラやマウントの餌食になりやすいよなぁ》
《年下の女性にマウントセクハラとって自覚がないオッサンてほんと困るよねっていう普遍的なやつ》
《日常のなんでもないシーンでいきなりセクハラやマウントがとんでくるっていうことは男性にはわからないと思う》

そう、「女性が、年上男性からのマウントやセクハラの標的にされるのは日常茶飯事」とする声が上がっているのだ。

大学生の頃にコーヒーチェーン店で働いていた女性・Aさん(38)はこう語る。

「常連の中年男性が、店に来るたび、ドリンクの提供カウンターで15分ほど一方的に私に話してきたんです。それも『本場のイタリアでは』『君はまだ若いから知らないと思うけど』なんて“うんちく”ばっかり。上から目線も困りましたが、その方が私に話しかけている間、店のスタッフが1人不足するわけで……。うまく話を切り抜けるにしても年上の男性ですし、毎回不安でいっぱいでした」

■女性にばかりマウントを取る男性客は、店長を見たら帰る

また地方の純喫茶で働く女性・Bさん(29)は「複数の男性客が、自分とマスターを比較してくる」と話す。

「例えばときどき来る方なのですが、席に着くなり『マスターは今日おらんのか?』って。その後、コーヒーを出したら『マスターはこんな味じゃないよ』って言うんです。もともと私は別のお店でずっとコーヒーを出してきましたし、『マスターにも味を認められてここで働いているのに……』って悔しい気持ちになりました。

あとサラリーマンの方で、明らかに私とマスターに対する態度の違うお客様がいます。私が1人で店を回す日はいつもより態度が大きいんです。忙しい時に『食後のコーヒー持ってきて』と言われたのですが、その言い方が『できますか?大丈夫ですか?』って感じの半笑いで。大きな会社に勤めている方なのに残念です」

Bさんは「面倒なことを言う人は、相手が女性だろうと男性だろうとマウントを取ってきます。それでも今までの経験上、『女性の方が言われやすい』と思います」と続ける。都内のカフェに勤務するCさん(30)も「男性の店長を見て、あからさまに帰っちゃう人もいますね」と“女性ばかり標的にする男性客”の存在を教えてくれた。

マウント被害に遭った際、「黙りながら悩んでいます(Aさん)」「女性だからこういう事をされるんだろうなあ、と思ってしまう(Cさん)」と辛さを押し*ていた3人の女性。

しかし、“反撃“する女性も。不動産関係の会社で接客業務にあたる会社員・Dさん(38)は笑顔満点でこう話す。

「お客様のなかには『資産性が、利回りが』って、一方的にやたら語りたがる方々がいます。でもそういう方って、なぜか年収が足りなくて、住宅ローンで微々たる額しか借りることができないってケースが多いんです(笑)」

そして「最初はニコニコしながら『素晴らしいお考えですねー。さすが!』とか持ち上げる」といい、こう続ける。

「それでも最後に目の前で電卓を叩きながら『お客様のご年収ですと、いま借り入れできる額はこれだけですね!』って数字を見せたら、向こうはグッと黙ります。

『ご希望のお部屋は、あと1500万円を現金でご用意していただければご購入できます!』なんて追い討ちをかけたらコッチのもの。微笑みながら、心の中で『講釈垂れる前に年収上げてから来ればいいのに……』って思っています(笑)」

■注意すべきはお客だけではない!同僚からのセクハラも

また梅澤さん同様、女性店員たちはセクハラにも悩まされるという。前出のBさんは、こう憤る。

「来店のたび、体の一部を何かしら当ててくるお客様がいます。後ろを通るときに、お尻を触られたことも。最初は偶然かなって思いましたが、わざとだと気づいて……」
(以下リンク先で)


【【社会】あなたは大丈夫?接客業の女性を苦しめる“教えたがる男たち” の実態】の続きを読む


サミアスルフハッサン(英: Samia Suluhu Hassan、1960年1月27日 - )は、タンザニアの政治家。同国第6代大統領。タンザニア革命党 (CCM) 所属。前任のジョン・マグフリの死去をうけて、2021年3月19日に副大統領から昇格する形で就任した。東アフリカ共同体 (EAC)
16キロバイト (1,624 語) - 2021年8月5日 (木) 14:34



(出典 www.jiji.com)


悪気はないのかもしれませんが、同じ女性としてこんな発言するなんて信じられません💦

1 チミル ★ :2021/08/24(火) 15:06:25.37

【8月24日 AFP】タンザニアのサミア・スルフ・ハッサン(Samia Suluhu Hassan)大統領が22日、女子サッカー選手は「胸が平ら」で、結婚相手としての魅力に欠けるという趣旨の発言をし、非難を浴びている。

※中略

スルフ氏は、「皆さんは胸が平らな人を見ると、女性ではなく男性だと思うかもしれない」と述べた。「顔を見て驚くかもしれない」

さらに、「結婚するなら、魅力的な人、あなたが望む資質を備えた女性を求めるだろう」と述べた上で、女子サッカー選手から「そのような資質はなくなっている」と主張した。


※以下も略。全文は下記よりお願いいたします。
https://www.afpbb.com/articles/-/3362959


【【海外】女性大統領のありえない発言→女子サッカー選手はあれがないから結婚相手としての魅力が‥】の続きを読む

このページのトップヘ