原因


ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式・製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。
313キロバイト (37,473 語) - 2021年9月19日 (日) 20:19



(出典 dol.ismcdn.jp)


もしかしたら中には偶然ワクチン接種した後に心筋梗塞とかになったって人もいるのかもしれませんが‥数が多すぎてさすがに、そうですかとは納得出来ませんよね‥。
一日も早く原因を突き止めてほしいです。

1 haru ★ :2021/09/22(水) 07:01:49.97

――厚生科学審議会が公表している死因を一つ一つ見ていくと、「心不全」「心肺停止」といった、死因とするには疑問符が付くものが何度も登場してきます。専門家は、このような死因を「死因」と呼ぶのでしょうか?


厚生科学審議会の調査で死因を判断しているのは各医療機関の報告医なので、診療時の血液検査や画像検査などを踏まえて、死因を推定しているものと思われます。
いわゆる通常の臨床医の死因判断です。なので、傷病名ではない「心肺停止」という文言での報告が散見されるのだと思います。

これらの報告を踏まえて、専門家がワクチン接種との関連性の有無を判断されているようですが、やはり元になる死因について解剖を含めた詳細な調査はなされていないことがほとんどで、これでは判断しようがないと言わざるを得ません。


――中には、「情報不足で判断できない」というものもかなり多くあります。行政はワクチン接種後に亡くなった人の死因究明に積極的ではないように感じるのですが、先生はどう思いますか?

ワクチン関連にかかわらず、行政においては死因究明の必要性が理解されていないのではないでしょうか。CTその他検査で、医者が見れば死因は分かるものと思っているのかもしれません。


――では、死因究明はそんな単純なものではない?

即時型のアナフィラキシーショックはまだしも、接種後に起きる可能性が指摘されている心筋炎や血栓症は、もし病院で十分な検査を受ける間もなく亡くなってしまった場合には、外表の所見のみで診断することは不可能です。

そもそも、個別の死因のみをもって接種と死亡の因果関係を問うことは困難です。正確な情報の集積、統計を行い、平時や非接種者との比較によって、接種後の影響を判定する必要があります。
しかしながら現状では、土台となるべき死因診断が正確でない可能性があり、また情報そのものが少なすぎて、「因果関係が不明」とせざるを得ないのがほとんどという状況になっています。

例えば厚生科学審議会の資料だと、接種後の「心肺停止」が多いということになるのですが、そもそも死亡とは心肺停止の状態。
その事例を検討しているわけですから、心肺停止が多いのは当たり前ですよね。検討するには、その原因を探らないといけません。

急性心不全が死因などとされているものも、中には心筋炎が含まれるかもしれない。
せっかく一部の事例では病理解剖まで行って、詳細な検討の結果として例えば凝固因子欠乏※を指摘されていても、他にも同様の病態を示す事例が確認されなければ、この方だけの特異な症状ということになり、一般的なワクチンによる副反応には計上されないままでしょう。
※血液が凝固するために必要なタンパク質が著しく減少することで血が止まりにくい症状

これでは接種の安全性は十分に担保されませんし、副反応で亡くなってしまった方も因果関係不明とされたままでは、遺族にも十分な補償が行き届かないということになります。


そもそも前提として、ワクチン接種後の死亡なのかどうかが解剖時に分からないことも問題です。
接種が始まった頃、(本村氏も解剖する際に)接種と死亡の関連も考えなければと思い、解剖に搬入されたご遺体について警察官に「この方、ワクチンの接種は終わっていますか?」と聞きましたが、はっきりした返答はほとんど返ってきませんでした。

「(ご遺体発見時)部屋に接種券はなかった」程度の把握しかされておらず、行政と警察との連携、公益的な情報の共有についても整備が必要だと考えられます。

(監修/国際医療福祉大学医学部講師 本村あゆみ)


2021.9.21 4:15
https://diamond.jp/articles/-/282431?page=2

前スレ
なぜ「ワクチン接種で死亡」の原因究明が進まないのか 接種後の死因"心肺停止"が多いがそもそも死亡とは心肺停止の状態 ★2 [haru★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632245648/


【【ワクチンで死亡】未だ原因究明が進まないその理由は?】の続きを読む



(出典 www.nippon.com)


これが本当だったらめちゃくちゃ嬉しいんですけどね‥(*꒪꒫꒪)

1 バルガンシクロビル(東京都) [CN] :2021/09/20(月) 19:49:57.26


東京都は20日、新型コロナウイルスの新規感染者が302人と発表した。前週の同一曜日だった13日の611人から6割近く減少した形となった。ただ、

 重症者数は前日より2人減って169人、死者は4人だった。

 19日の565人と比較しても大幅な減少だが、連休中の数字ということで、ネットでは「なぜ減少したか、誰も分からない」「減ったとみるか、検査数が少ないとみるか」などの慎重論も多かった。連休中の人出が各地で増えているという報道もあり「3連休でまた増えるかも」とする声もあった。

2021年9月20日 16時48分 ディリースポーツ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20897783/


【【東京都】新型コロナ、なぜ減少したか誰も分からない‥なんでだろう?】の続きを読む


あおり運転(あおりうんてん)とは、道路を走行する運転者が、何らかの原因や目的で、運転中に他の運転者を煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせ、通行をみだりに妨害する行為の総称である。日本の道路交通法においては「妨害運転」とされている。 「あおり運転」とは、自動車などの運転
48キロバイト (7,058 語) - 2021年8月7日 (土) 04:57



(出典 response.jp)


あおり運転、高速道路だとたまにされます。
やった事はないですが、明らかに迷惑な低速度で走ってる車、あれはあれで迷惑ですよね💦

1 鬼瓦権蔵 ★ :2021/08/18(水) 13:06:35.66

「あおり運転に関する調査」 調査方法: インターネットリサーチ 調査期間: 2021年7月16日~7月20日 調査対象: 1週間に1回以上運転している全国のドライバー2,230人

https://news.yahoo.co.jp/articles/120a5825d0a6d2f7a63e72fe29588f6709ffdf68

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1629252243/

あおり運転をされたきっかけと考えられる運転行動は?

1位 「追い越しをした」
2位 「スピードが遅かった」
3位 「車線変更をした」


(出典 asset.watch.impress.co.jp)


どんな「あおり運転」をされましたか?

1位 「あなたの自動車に激しく接近し、もっと速く走るように挑発してきた」
2位 「車体を接近させて、幅寄せされた」
3位 「前方を走る車に、不必要な急ブレーキをかけられた」


(出典 asset.watch.impress.co.jp)



チューリッヒ保険は、今年で4年目となる、全国のドライバー2,230人を対象とした「あおり運転実態調査」を行った。
あおり運転をされた経験があるドライバーは5割。
76.4%のドライバーが、あおり運転を受けないよう注意して運転をしており、安全運転、あおり運転防止に対する意識の高さがうかがえる。

近年、悪質なあおり運転に起因する事件、事故が多発し、社会問題となっており、2020年6月には、あおり運転の厳罰化を盛り込んだ「改正道路交通法」が衆院本会議で可決、成立し、同年6月末に施行となった。

あおり運転の厳罰化を盛り込んだ改正道路交通法により、「危険運転が減少すると思う」と回答したドライバーは64.7%と昨年の76.9%と比較して12.2ポイント減少。
危険運転が減少しないと答えた理由として「危険な運転をする人の心理や行動は変わらないと思う」が67.3%と昨年に引き続き最も多い結果となった。

また、ドライブレコーダーの利用について聞いたところ、49.9%と約半数がドライブレコーダーを取り付けていることが分かった。
ドライブレコーダーを利用している理由は「事故発生時に自分が不利にならないようにするため(84%)」が最も多く、ドライブレコーダーを取り付けていない理由は「購入したいがコストがかかるため(67%)」が最も多くなっている。

ドライブレコーダーの普及であおり運転が減少すると思うかという問いには、73%のドライバーが減少すると思うと回答。
ドライブレコーダー普及への期待がうかがえる結果となった。

あおり運転に遭遇した時に受けた被害について聞いたところ、1位は「あなたの自動車に激しく接近し、もっと速く走るように挑発してきた」(76.5%)、2位は「車体を接近させて、幅寄せされた」(25.3%)となり、前年とほぼ同様の結果になった。

また、あおり運転を受けたときにとった対処法は昨年2位の「何もしなかった」が38.3%で1位へ、昨年43.8%で1位だった「道を譲った」は36.0%で2位となった。
3位は昨年同様「他の道に逃げた(14.5%)」と、前年に引き続き「やり過ごす」対応をとったドライバーが目立つ結果となった。

あおり運転を受けたことがあるドライバーにあおり運転をされたきっかけと考えられる運転行動を聞いたところ、1位は「追い越しをした(25.6%)」。
「スピードが遅かった(21.4%)」、「車線変更をした(15.4%)」と続き、昨年17.2%で1位の「制限速度で走っていた」は5位へ。
順位の入れ替わりはあったものの、あおり運転のきっかけと考えられる上位4つの運転行動はスピードや進路変更にまつわる行為と感じているドライバーが多くみられた。

あおり運転を受けたことがあるドライバーに、あおり運転をされないように工夫していることを聞いたところ、昨年同様1位は「車間距離をしっかりとる(55.5%)」。
「急な割り込みをしない(35.3%)」「ウィンカーは早めに出すようにしている(33.8%)」、「不用意にクラクションを鳴らさない(32.3%)」と続き、周りのドライバーを気遣い、刺激しない運転を心がけている人が目立っている。


【あおり運転をされる原因、きっかけはとは?】の続きを読む

このページのトップヘ