効果


納豆(なっとう)は、よく蒸した大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品。一般的に「糸引き納豆」を指す。菓子の一種である甘納豆とは異なる。 日本固有と思われがちだが、類似の食品ものは様々な地域に存在する(「アジア」「アフリカ」参照)。 大豆を納豆菌で細菌発酵(「臭気」参照)させた発酵食品である。日本全
85キロバイト (12,737 語) - 2021年9月25日 (土) 19:46



(出典 www.kenei-pharm.com)


納豆っていろんな病気に有効ってよく耳にしますよね( ºωº )!

1 haru ★ :2021/09/26(日) 13:00:34.05

水谷教授らのチームは、納豆菌のタンパク質分解酵素が新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を分解し、感染を阻害することを確認したと、
国際学術誌「バイオケミカル・アンド・バイオフィジカル・リサーチ・コミュニケーションズ」に発表しました。

水谷教授らは納豆の抽出液と新型コロナウイルスを混ぜ、ウイルスが細胞に感染するかどうか実験。
納豆菌の持つ約80種類のタンパク質分解酵素がスパイクタンパク質を分解し、ウイルスは受容体と結合できなくなった。

デルタ株など変異株も同様だった。
新型コロナウイルスは表面にあるスパイクタンパク質がヒトの細胞の表面にある受容体に取り付いて感染します。

水谷教授は「納豆を食べて感染を防げるかはこれからですが、口の中に納豆があれば口腔(こうくう)内のウイルスは駆逐できます」と話していました。


2021年9月20日8時45分
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202109200000119.html?Page=2

前スレ
【コロナ】納豆菌酵素がスパイクタンパク質を分解することを確認 デルタ株にも有効 [haru★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632625531/


【【コロナ】納豆菌酵素が感染を阻害してくれる?wwwww】の続きを読む


ワクチン、新型コロナワクチンとも呼ばれる。 2021年5月時点で、接種開始済みから開発中まで、複数の方式・製造元のワクチンが存在する(mRNAワクチン、DNAワクチン、ウイルスベクターワクチン、不活化ワクチン、組換えタンパクワクチン、ペプチドワクチンなど)。
313キロバイト (37,473 語) - 2021年9月19日 (日) 20:19



(出典 tk.ismcdn.jp)


大人はともかく、やはり子供に打つのはまだ怖いと思ってるしまいます‥💦

1 BFU ★ :2021/09/21(火) 09:27:49.68

https://news.yahoo.co.jp/articles/225ef3610768564105ad8d2fe69172fbcb070547

新型コロナウイルスのワクチンについて、米製薬大手ファイザーと、共同開発した独バイオ企業ビオンテックは20日、5~11歳でも安全性と効果を示すデータが確認できたとする新たな臨床試験の結果を発表した。近く米食品医薬品局(FDA)や各国の規制当局にこのデータを提出するという。


 発表によると、臨床試験には5~11歳の2268人が参加。大人が接種する量の3分の1の量を2回、3週間あけて接種したところ、16~25歳の臨床試験結果と同程度に、ウイルス感染を防ぐ抗体ができることが確認できたという。

 副反応についても、16~25歳と同程度で、深刻なものはなかったという。ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)は「学校に通う年齢の子どもたちのデータを冬が始まる前に提出できたのはよかった。5~11歳は少ない接種量だったが、安全性や免疫反応を引き起こす性質は、より多い接種量だったそれ以上の年齢の人たちと一致していた」としている。

 2社は、生後6カ月~2歳、2~5歳についてもそれぞれ近く臨床試験の結果を出す予定としている。


【【新型コロナワクチン】5~11歳にも効果がある事か判明】の続きを読む


サプリメント(supplement)とは、栄養補助食品(えいようほじょしょくひん)とも呼ばれ、ビタミンやミネラル、アミノ酸など栄養摂取を補助することや、ハーブなどの成分による薬効が目的である食品である。略称はサプリ。ダイエタリー・サプリメント(dietary
20キロバイト (2,262 語) - 2021年4月25日 (日) 06:58



(出典 katsuragawa-lc.com)


わたしも色々手を出しましたがら、続かないので効果を実感したことがありませんwww

【【サプリ】本当に効果がはっきり出たやつ教えて(´^ω^`)】の続きを読む


フキ(蕗、苳、款冬、菜蕗、学名:Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim.)は、キク科フキ属の多年草、雌雄異株。早春の花茎をフキノトウ(蕗の薹)という。山野に生える春の山菜としてよく知られ、地下茎から多くの葉柄を立てて、一部が切れた円い大型の葉をつける。
26キロバイト (3,417 語) - 2021年5月14日 (金) 07:20



(出典 afun7.com)


難しいことはわかりませんが、こうして少しづつ色んな病気が治るようになるといいですよね。

1 ガンシクロビル(大阪府) [US] :2021/09/02(木) 12:48:36.22


 岐阜大大学院の創薬研究グループは、日本原産植物のフキノトウに多く含まれる成分ペタシンががん細胞の増殖と転移を抑制することを発見した。
増殖、転移を阻害する既存の化合物と比べ1700倍以上の効果があり、正常な組織への副作用を抑えつつ、抗がん効果を発揮することも立証した。
この発見により、副作用の少ない新たな抗がん剤の開発が期待される。

 グループによると、活発に増殖するがん細胞は、グルコースやグルタミンなどの栄養素を取り込み、代謝を行う。
代謝を促す酵素の働きを阻害することでがん細胞の増殖、転移が抑制されると考えられていたが、既存の阻害剤は効き目が弱いか毒性が強いため、治療には応用できなかった。

 ペタシンはフキノトウ特有の苦みの成分の一つ。同グループはヒトのがん細胞や、マウスに投与する実験を行い、
既存の阻害剤フェンホルミンと比べ、1700倍以上の阻害や、増殖を妨げる効果があることを確認。
乳がんや胃がんなどほぼ全てのがんに非常に強い抗がんの働きを示した。臨床医を悩ませてきたがんの転移を妨げる効果があることも分かった。

フキノトウ苦み成分「ペタシン」がん抑制 増殖・転移を阻害
https://news.yahoo.co.jp/articles/c7a7b827b89488191d8a54808b3140705fdb49fe


【【朗報】あの食べ物がガンに効くことが判明!既存の化合物と比べ1700倍の抑制効果も?】の続きを読む


アクリル板(あくりるばん)は、アクリル樹脂でつくられた。 透明度が高い。アクリル板の光線透過率は93%であり、光線透過率92%のガラスを凌ぐ。 切断や穴あけ、曲げ、面取り、磨きなどの加工がしやすい。また、彫刻や印刷加工などもできる。 強度があり、割れにくい、割れても破片が飛び散らない。耐衝撃性に優
6キロバイト (705 語) - 2021年4月4日 (日) 08:16



(出典 www.ings-s.co.jp)


飛沫には効果があるとは思いますが、それ以前に本当に汚いところあるので‥それもなんとかしてほしいです💧

1 影のたけし軍団 ★ :2021/08/24(火) 08:03:06.78

新型コロナウイルスの感染対策として、レストランや学校などでプラスチック製の仕切りが活用されているが、
米紙「ニューヨーク・タイムズ」によれば、たいした予防効果がないどころか、かえって感染リスクを上げる可能性もあるという。

問題は、そうした仕切りによって、室内の本来の気流や換気が妨げられてしまうことだ。

吐き出された息は気流に乗って拡散する。室内の換気システムにもよるが、だいたい15~30分ごとに新しい空気に入れ替わる。
ところが、プラスチック製パネルが設置されていると、空気の流れが変わったり換気効果を妨げたりして、
「ウイルスを含んだエアロゾル粒子が集まって高濃度になる“死角”が生まれかねない」と、同紙は指摘する。


たしかに、アクリル板などのプラスチック製パネルは、咳やくしゃみをしたときに出る大きな飛沫をそばにいる人たちに浴びせないようにする効果はあるだろう。
だが新型コロナウイルス感染症の多くは、目に見えないエアロゾルによって拡大しており、仕切りパネルの効果に疑問を呈する研究結果も出始めているという。

たとえば、6月にジョンズ・ホプキンス大学の研究者らが発表した研究では、学校の教室の机に設置された仕切りが、感染リスクを高めることが示された。

またジョージア州の学校を対象とした研究でも、机の仕切りは換気の改善やマスク着用に比べたら、ほとんど効果がないという結果が出ている。

イギリスでは、店員と客の間にパネルを置いて(レジでのやり取りなどが想定されるだろう)、客の側が咳をしたり話したりなど、さまざまな場面をシミュレーションした研究が行われた。

結果は、咳の場合は飛んできた飛沫がパネルにぶつかって効果があったが、話しただけの場合は吐き出された小さな粒子をパネルがつかむことができず、
そのエアロゾルは空中に浮遊したままに。店員はその瞬間はウイルスへの直接曝露を避けられたかもしれないが、
ウイルスを含むエアロゾルは空中にとどまったままのため、その店員や他の人たちの感染リスクもしばらくの間そこにあり続けることになる。

プラスチック製パネルがエアロゾルに対してほとんど効果がないことは、たばこの煙で説明するとわかりやすいと、
ウイルス伝播の専門家として名高いリンゼイ・マー(バージニア工科大学教授)はニューヨーク・タイムズに語っている。

「たばこの煙はプラスチックの仕切りの辺りを漂うでしょう。つまり、仕切りの向こう側の人が煙を吸い込むまでには少し時間がかかるわけです。
一方、喫煙者と同じ側にいる人たちは、仕切りによって煙がそこに滞留してしまうために、より多くの煙にさらされます。
最終的には空気と混ざって室内に拡散されていきますが、それまでは仕切り内にとどまっていますから」

プラスチック製パネルの効果については、さらなる研究が必要とされるが、現時点でニューヨーク・タイムズが取材したエアロゾル専門家たちは皆、
感染予防に役立つ可能性は低く、室内の喚起の妨げになる可能性が高いと口をそろえた。

専門家らによれば問題は、学校でも店でもオフィスでもプラスチック製パネルを設置する際、
ほとんどの場合において室内の換気や気流を評価できる工学専門家の助けを借りていないことだという。
https://courrier.jp/news/archives/258293/


【実は感染リスクを上げているかもしれない‥アクリル板は意味がなかった?】の続きを読む

このページのトップヘ