中断


心筋炎(しんきんえん、英: myocarditis)は、感染症、中毒あるいは原因不明の心筋の炎症性変化。無症状のものから発熱、頻脈、呼吸困難などの臨床症状を示すものまである。特に急性心筋炎(acute myocarditis)は、特異的所見に乏しい上に急性の転帰をたどることから、臨床上重要である。大
5キロバイト (598 語) - 2021年3月14日 (日) 22:59



(出典 carbon-assets.medicalnote.jp)


そうは言われても怖いですよね‥💧💧

1 マカダミア ★ :2021/10/14(木) 05:23:14.32

モデルナの新型コロナウイルスのワクチン接種後、若い男性にごくまれに起きる心筋炎などについて、厚生労働省の部会が15日に改めて議論します。

新型コロナウイルスのワクチン接種後、若い男性に、ごくまれに心筋炎や心膜炎が起きるとして、一部の国で若い人へのモデルナ製のワクチンの接種を中断していますが、厚生労働省の部会でも15日に議論することになりました。

国内の最新データでは、特に10代20代の男性でモデルナ接種後の方がファイザー接種後よりも心筋炎などの疑い例が多く報告されています。

心筋炎は軽い場合が多いことなどから、厚労省は、接種のメリットの方が大きいとして、モデルナのワクチン接種の「中断」はしないとみられますが、10代20代の男性がワクチンの種類を選べる場合にはファイザーを勧めるか、などを慎重に検討する見込みです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e9025ed65686bdde2115038793472995acfc9904


【【モデルナ】厚生省→心筋炎はごく稀なので、中断はしませんww】の続きを読む



(出典 dm-net.co.jp)


モデルナ打った人からしたらこれはたまったもんじゃないですよね‥💧

1 haru ★ :2021/10/09(土) 17:55:15.80

アイスランドは8日、心筋炎のリスクが若干高まるとして、米製薬大手モデルナ(Moderna)製新型コロナウイルスワクチンの接種を中断した。
同ワクチンの接種を制限している他の北欧諸国よりも踏み込んだ措置。

アイスランドの保健当局は、米ファイザー(Pfizer)と独ビオンテック(BioNTech)が共同開発したワクチンが十分確保できているとして
「政府の感染症対策トップがモデルナ製ワクチンの不使用を決定した」とウェブサイトで発表した。

接種後に「心筋炎と心膜炎の発生率が増加した」ことを踏まえた措置だという。


アイスランドはこの2か月間、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の医薬部門ヤンセン(Janssen)製の1回接種式ワクチンを接種した国民と、
それ以外のワクチンの2回接種を完了した高齢者および免疫力の低い人を対象に、主にモデルナ製ワクチンを使って追加接種を行ってきた。

12歳以上の88%がすでに当初規定の接種を終えており、今回の措置による影響はないとみられる。

モデルナ製ワクチンをめぐっては、スウェーデンとフィンランドが7日以降、心筋炎や心膜炎のリスクを懸念して30歳未満への接種を中断。
デンマークとノルウェーも、18歳未満に接種しないよう正式に勧告している。

スウェーデン当局は、心筋炎や心膜炎が起きてもほとんどは軽症で自然に治るとする一方、症状が出た場合には医師の診察を受けることを推奨している。


(出典 afpbb.ismcdn.jp)


(出典 afpbb.ismcdn.jp)



2021年10月9日 10:54
https://www.afpbb.com/articles/-/3370048


【【ワクチン】 アイスランドがモデルナ製ワクチン接種を中止】の続きを読む

このページのトップヘ