ガソリン


原油(げんゆ)は油田から採掘したままの状態で、精製されていない石油をいう。 埋蔵状態としては、油田(地下)、オイルシェール(地下の頁岩に含まれる。)、オイルサンド、レークアスファルト等がある。 特に2000年代になってタイトオイル (一般にシェールオイルと呼ばれる)
18キロバイト (2,572 語) - 2021年11月5日 (金) 16:04



(出典 m-rakuten.ismcdn.jp)


一日でも早くガソリン安くならないですかね‥。

1 神 ★ :2021/11/21(日) 23:17:56.64

原油価格、世界的に値下がり 米国の備蓄放出要請、日本も検討
11/20(土) 17:43配信

 米国が中国や日本などに協調して石油備蓄の放出を検討するよう要請したことで、世界的に原油価格が下がっている。19日の米ニューヨーク市場では、原油の先物価格が1バレルあたり3ドル近く下落した。日本政府の放出検討が伝わったことも、値下がり要因となっている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/07d04ef1a8d8725ea3f95029e6c874ba58b3d906


【【原油】世界的に値下がりでガソリンどうなる?】の続きを読む


自衛隊の自衛官を「海上自衛官」(かいじょうじえいかん)と、航空自衛隊の自衛官を「航空自衛官」(こうくうじえいかん)と表記され、防衛省や各自衛隊内部でもそのように呼称されている。 陸海空の自衛官は個別の教育隊や幹部候補生学校などに入隊し、各自衛隊に任用された自衛官
82キロバイト (11,610 語) - 2021年6月4日 (金) 09:15



(出典 okutani.xsrv.jp)


腕立て伏せなんかもやらせ過ぎは良くないかもしれないけど…ストーブにガソリンは本気でやばいですよね💦

1 シャチ ★ :2021/07/29(木) 01:38:56.28

 指導の中で"反省"と称して部下隊員に腕立て伏せをさせるなど、いわゆる「パワハラ行為」をしたとして、30代の男性自衛官が懲戒処分となりました。

 減給15分の1(1か月)の懲戒処分を受けたのは、陸上自衛隊北部方面隊第11旅団第11後方支援隊に所属する30代の男性2等陸尉です。

 男性2等陸尉は2018年2月ごろから6月ごろまでの間、北海道札幌市の真駒内駐屯地や千歳市内の演習場で、複数の男女の部下隊員を指導する際"反省"と称して腕立て伏せをさせるなど不適切な指導をしました。

 自衛隊によりますと業務上のミスをした部下隊員が対象で、男性2等陸尉が許可を出すまで腕立て伏せを続けさせるような指導もあったということです。

 また男性2等陸尉は同期間中、誤ってストーブにガソリンを入れようとした隊員に対し、鉄帽を被っている頭を蹴る暴行も加えていました。

 いずれも同年10月の隊員向けのアンケート調査で発覚。内部調査に男性2等陸尉は「"反省"と称して指導が始まり、続けてしまった」などと話しています。

 自衛隊は7月26日付で男性2等陸尉を減給の懲戒処分としました。

UHB 北海道文化放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/f80eea5d05f30117b244f79e0a781701e0f03ae7
2021/07/29(木) 00:19:59.19

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627485599/


【ストーブにガソリンを入れてた隊員の頭を蹴った30代自衛官が懲戒処分に】の続きを読む

このページのトップヘ